FC2ブログ
大道寺ゆり日記
~SMにおける人類解放闘争、只今 猛烈遂行中~
我がルーツ
20080229053341
娼婦の様な下着に黒いストッキング。そしてピンクの女性用レインコートを着、ブーツを履いた女装娘に着衣のまま縄をかけ、鞭を打つ。

彼女とのプレイで、ふと私のSMのルーツを思い出したのでした。

私のSMのはじまり。
映画や写真や絵を観るのが大好きで、それに対して今よりもずっとずっと貪欲だった高校時代。

アーヴィング・クロウが撮ったベティ・ペイジのサイレントフィルムの上映会に足を運んだり(こういった内容のものは大概、ギャラリーでのビデオ上映だったりしたので、狭い場所に座席数は10席程度、しかもパイプ椅子)、
バイト代をはたいてジョン・ウィリーの『グウェンドリン』や、ギド・クレパクスの『O嬢』『ヴァレンティーナ』をコレクションしたり。

そういった古いものと同時に、リチャード・カーンの写真や、ピエール・エ・ジルがニナ・ハーゲンを撮った作品(ニナのCDのジャケットになっています)などの色彩の強い、SMテイストが感じられるものにも胸をときめかせていた娘時代。

私のSMへの関心は、完全にヴィジュアル先行でした。
フェティッシュなものこそ総て。

自己分析すると、きっと私の根本はサディストではありません。
かといって、短絡的にマゾヒストと思われるのも不本意ですが。

「子供の頃からいじめっ子で、そのままSM嬢になりました。真性Sです。」なんて豪語するよなクチじゃ無いし。

私のSMはファンタジー。
脳が9割。
ヤンキー(米国人に対する蔑称の意のそれでは無く、不良的な方々を指す言葉として今は使わせていただきます)的なド根性SMには一切興味がありません。

私の愛する世界を自己表現出来るSMプレイ。
随分エロティック。

カタカナが多い文章になってしまいました。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!